モラトリアムログ

大学時代の経験と考えの変遷を見たいからはじめた

ヒッチハイクin5/4 南国道の駅~高知駅編

こんにちは。

ヒッチハイク帰省PART1の最終章です笑

(実はこの記事を書いてる間にも2回しました笑)

 

「もうすぐじゃん。」

まじで、南国の道の駅に着いたときにそう思いました(南国~高知駅は約15分)

「余裕じゃん。」

まじでこう思いました。

 

 

現実は、ここでも一時間粘りました笑

てか、僕のミスです笑

 

道の駅で色んな人に高知駅行きますか?って聞いてたんですけど、なかなか行く人がいなくて、、

 

南国ICの近くまで戻っちゃおってことでICの入り口まで歩いて立ってました。

 

なかなか止まってくれない、、、

というか、車少ない、、、

 

汽車で帰ろうかな~(高知県ではJRのことを汽車といいます)

 

マジでこうおもいました笑

 

 

そしたら一台の車が止まってくれて。

「どこへ行きたいがや~? 高知駅か、高知駅やったらそっちにおっても乗せてくれんぞ~ こっちの車線におらんと」

ってコテコテの土佐弁で僕に教えてくれました。

 

口調が強かったんで怒られてる感じしたんですけど、教えてくれるとかめちゃめちゃ優しいじゃん。

普通に泣きそうになりました。笑

 

そして、反対車線に立って待ってると、一台の車が止まってくれました!

若いカップルだったので、どんな話すればいいんだろとか思いながら、止まってくれた車に近づいていきました。

 

僕「まじか!ありがとうございます! いいんです、、 ってあれ?」

 

運転手さん「あれ?」

 

なんと、高校の時の同級生でした笑

 

まさか、高校の同級生に偶然乗せてもらとは笑

向こうも、まさか高校の同級生がヒッチハイクしてるとはって言ってました笑

 

知り合いだったので、自分たちの近状を話しながら、あっという間に高知駅でした!!

 

 

ヒッチハイク

 

ほんとに楽しかった。

/* footerを消す */ #footer { display: none; }