モラトリアムログ

大学時代の経験と考えの変遷を見たいからはじめた

ヒッチハイクPART2 栗林公園~府中湖PA編

ヒッチハイクPART2の②です笑

 

ゴールデンウイークが終わり世間は大学に行って授業を受けている。

 

そんな時に僕は、ヒッチハイクしてます笑

 

平日のヒッチハイクは休日とは全く違うものになりました!

 

それを書いていきます!

 

スタート地点は今回も栗林公園です!

 

ここはすぐ止まってくれますね~、今回も割とすんなりと行きました。

 

 

乗せてくれたのは、女の人三人組!おばあちゃん、お母さん、娘さんです!

 

この人たちほんとにおもしろかった。

 

漫才を見ているようでした笑

 

三人がずっとしゃべっていて、お母さんに娘さんが突っ込んだり、おばあちゃんがお母さんに突っ込んだりとずっと笑っていました笑

 

なので、ほんとに一瞬。あっという間でした。

 

 

③いよいよ因縁の高松IC(そろそろ3コマが始まる時間)

 

ここは、ほんとに難しい。

 

なかなか止まってくれない。

 

なので、今回は目的地を刻んで坂出方面と書きました!

 

30分ほどして一台の車が止まってくれました!

やった! そう思って近づくと、、

 

「ごめんなさい。坂出方面はいかないんです。」

 

まじか~!と思っていると。

 

後ろの席から外国人が降りてきました。

 

 

?????????

 

訳が分かりませんでした。この人たちはここで降りてどうするんだろう、、、

 

 

ヒッチハイクはじめましたwwwwwww

 

まさかのここでヒッチハイク仲間ができるとは笑

ドイツ出身の男女二人だったんですけど、彼らは広島に行くそう!

 

3人が、行き先を書いた紙やらスケッチブックを持って立っているという不思議な光景でした笑

 

 

そんなこんなで、20分くらい待っていると、止まってくれました!!

 

そして、3人とも乗りました笑

 

 

乗せてくれたのは、男の人でした!

 

その人は、一度通り過ぎてお昼ご飯をたべてまたICの前を通ったらまだ僕がいたので乗せてくれたそうです!

 

そしてこの人に言われたことは

 

「あそこじゃなかなか止まらないかもね、考える時間がないから。僕も考える時間がなかったら止まってなかった」

 

と言ってくれました。

 

ヒッチハイクするときは、そのヒッチハイカーの行き先をみて考える時間があるのか、そして車を止める場所があるのかどうかが重要だということがわかりました!

栗林公園は信号のところでやっていたからすぐ止まってくれたんですね)

 

 

車の中では、色々話しました!

 

乗せてくれた人は大学に6年間いったとか。

後ろに乗ったドイツの人たちはワーキングホリデイで来ているだとか。

 

 

そして、気が付けば府中湖です。

 

 

じゃあ、今日はこの辺で、、、

/* footerを消す */ #footer { display: none; }